物理のかぎしっぽ reStructuredTextとは

reStructuredTextとは

かぎマニュアルズ > 記事制作方法 >

reStructuredText(http://docutils.sourceforge.net/rst.html)とは,テキストを書く際の約束のようなものです.実体はテキストファイルです.メモ帳でも簡単に作成できます.普通のテキストファイルとちょっと違うのは,構造化情報を持たせることができる,という点です.

物理のかぎプロジェクトでは,この reStructuredText に基づいたテキストを記述し,記事を制作します.そのために,ある程度の仕組みと書式を覚えていただく必要があります.といっても,普通に記事を書く分にはそれほど難しくありませんので,このページや 物理のかぎ記事チュートリアル を参照しながら,気軽に取り組んで行って下さい♪

どうやってつくるのか

メモ帳などの普通のテキストエディタで,普通に保存すればいいです.拡張子は気にしなくてかまいませんが,テキストファイルですから「.txt」としておけば良いでしょう(普通は勝手にそうなりますね).重要なのは書き方です.

そしてその, reStructuredText という約束に基づいたテキストファイルを,たとえばHTMLに変換すると,その約束に基づいた構造が保たれたまま変換されます.変換には rst2hooktail をお使いください.ただしこれは,TeX数式処理やHTMLの表示スタイルなど,物理のかぎプロジェクトぽ用にカスタマイズが施されています.もちろん,文書構造そのものは reStructuredText です.

構造化とは

「Structured Text」とは「構造化されたテキスト」の意味ですが,厳密な構造ではなく,自由度の高い,ある一定のパターンを含んでいるというべきでしょうか.そのパターンを解析するコンバータで変換することで,XHTMLやLaTeXフォーマットのような厳密な構造を出力できます.要するに気の利いたテキストファイルです.

コメント


 
 

かぎマニュアルズ > 記事制作方法 >

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.030 sec.