物理のかぎしっぽ 査読/反射の法則(tomo著)/3

屈折、反射の法則についてです

メッセージ

屈折の法則と反射の法則に共通に感じたのですが、素元波から次の波面と進行方向を決める際にホイヘンスの原理に(出来れば丁寧に)触れた方が良いと思いました。

読者の対照にもよるとは思うのですが、比較的物理が出来る人でもホイヘンスの原理を知らない人も結構いる(受験ではほとんど問われませんし)と思うのでどこかに触れた方が良いとおもいました。また、現象としてはあまり難解なもの(数式や高度な概念)を含まないので容易に理解出来るかな〜と思ったのもひとつの理由です

ただ、丁寧に解説すると図も文章も多量に必要そうなので別個に記事としたほうが良いかもしれません。

返答

  • 査読ありがとうございました。私も、ホイヘンスの原理については別の記事にする方が良いと思っています。「ホイヘンスの原理」という言葉だけ(紹介程度に)入れることも考えたのですが、ちょっと躊躇われました。文章を書く力の問題かもしれないですけど、分かりにくくなりそうで…。 -- tomo@ksp-project 2005-05-06 (金) 00:13:49
  • ホイヘンスの原理は、別の記事でもいいと思います。リンクだけ張っとくという手もありますね。 -- Joh 2005-05-07 (土) 19:29:39
  • ホイヘンスの原理は別個に記事のほうがよさそうですね。ということで解決にしておきます :) -- やっさん 2005-05-08 (日) 17:11:32
  • 提案ありがとうございました! -- tomo@ksp-project 2005-05-08 (日) 18:09:22

 
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.027 sec.