物理のかぎしっぽ 査読/川端康成『浅草紅団』永井荷風『つゆのあとさき』を読んで感じたこと(きり著)/1

川端康成『浅草紅団』永井荷風『つゆのあとさき』を読んで感じたこと

メッセージ

昭和初期の文学です。大正末期から昭和にかけて、日本は精神が豊かだったのかもしれません。川端の『浅草』のほうは本当にテンポが良く、まるで詩のように軽快なリズムがあります。いっぽう荷風のほうはゆったりしています。女性のある年齢にさしかかる時期の怖さや脆さが描かれていて、なかなか読みごたえがあります。思春期というのはいつの時代でも共有できる素敵なジェネレーションかもしれません。どうぞ宜しくお願い致します。

返答


 
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.032 sec.