WordやPowerPointにTeXの数式

Microsoft Wordなどのオフィスソフトではなかなかきれいな数式が書けません.数式がたくさん出てくる文書を書くにはTeXを使うのが一番ですが, WordやPowerPointしか使えない場合もありますし,ちょっとした文書を書くときには広く普及しているMicrosoft製品はやはり便利です. Microsoft製のオフィスソフトのメニューから, TeX(VTeX)の数式を利用できるEquation Magicというソフトがあります.機能制限版のEquation Magic Liteは無償で配布されているので試してみるといいと思います.

からダウンロードし,インストールします.インストール後に再起動が必要になります. Windowsに「mv」で始まる名前のTrueTypeフォントが9個インストールされ,数式にはそのフォントが使われます.これらのフォントはTeXの標準数式フォントであるComputer Modernとほぼ同じです.

WordやPowerPointの文書で数式を入れたいところにカーソルを置き,「挿入」メニュー → 「オブジェクト」を選びます.

fig1.png

「オブジェクトの挿入」ダイアログが現れるのでEquation Magicを選びます.

fig2.png

Equation Magic Liteが立ち上がるので,ここで数式を入力します.アイコンをクリックして視覚的に入力することもできますし,画面下のウィンドウでTeXの命令を直接書くこともできます.

fig3.png

無償版にはいくつかの制限があって\begin型の命令は書けないようです.コピーandペーストもできませんし,長い数式も書けません.ここでは

$\displaystyle V=2\pi\int_0^ry^2\,dx$

という命令を書きました.数式が出力されているウィンドウをクリックすると Wordの画面に戻り,数式が挿入されています.出力はつぎのようになります.

fig4.png

おなじ数式をMicrosoft Office付属の数式エディタ3.0で書いたのが下のものです.

fig5.png

どちらが読みやすいかは主観的な問題なのですが,やはりTeXのものが読みやすいと思うんですがどうでしょうか.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > Tips集 >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.015 sec.