Ubuntu Linux 6.06設定メモ

Ubuntu Linux 6.06インストール後の設定メモです.一つの例として参考になれば.

気をつける点

rootは存在しない

通常,rootユーザは存在しないので,root権限が必要な操作(システム設定等)は,すべてsudoで行います.デフォルトでsudoが使えるのは,インストール時に設定したユーザです.

パッケージのインストール方法

パッケージをインストールするには,aptコマンドを使います.

$ sudo apt-get update

しておいて

$ sudo apt-get install パッケージ名

でインストールします.パッケージ名は,スペース区切りで複数指定可能です.GUIを用いたより使いやすい synaptic も便利です.

アプリケーションのインストールおよび設定

開発環境

$ sudo apt-get install gcc g77
$ sudo apt-get install cvs ruby python perl
$ sudo apt-get install build-essential  # make等
$ sudo apt-get install linux-headers-2.6.15-23-386  # vmware player等インストール時に必要

(irb1.8 python2.4-dev, libxml2-dev, libstdc++6)

日本語フィルタ

$ sudo apt-get install lv
$ sudo apt-get install nkf

Emacs

$ sudo apt-get install emacs
$ sudo apt-get install mule-ucs  # UTF-8
$ sudo apt-get install ruby-elisp  # rubyのメジャーモード
$ sudo apt-get install anthy-el  # 日本語入力フロントエンド

TeX

http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/~taka/linux/ubuntu606.html#tex を参照させて頂きましょう.

dvipdfmx

http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/~taka/linux/ubuntu606.html#dvipdfmx を参照させて頂きましょう.

グラフィックス

$ sudo apt-get install imagemagick
$ sudo apt-get install inkscape
$ sudo apt-get install pstoedit 

Adobe Reader

すでに acroread パッケージが入っている場合は削除します.

$ sudo apt-get remove acroread

adobereader-jpn と adobereader-jpn-ipamonafont を入れます.

$ sudo apt-get install adobereader-jpn
$ sudo apt-get install adobereader-jpn-ipamonafont

evince

Adobe Readerよりも軽量なPDFリーダー.デフォルトで入っていますが,そのままではPDFに埋め込まれていない日本語が文字化けしますが,xpdf-japaneseを入れると解決します.

$ sudo apt-get install xpdf-japanese

Firefoxの拡張機能

Thunderbirdの拡張機能

dvipdfmx

の方法でばっちり上手く行きました.

音楽

マルチメディア

mplayer-686, gogo, gstreamer0.8-plugins, realplayer

https://wiki.ubuntu.com/RestrictedFormats?action=show

Docutils

$ sudo apt-get install python-docutils

Skype

に従ってインストール.で,

$ skype

と起動しようとすると,つぎのエラーが出ました.

skype: error while loading shared libraries: libstdc++.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory

libstdc を apt-cache search で調べると libstdc++6 がそれっぽかったので

$ sudo apt-get install libstdc++6

とインストール.すると,無事にSkypeを起動できました.

Xなどの設定

Emacsライクなキーバインド on GNOME

$ gconf-editor

で設定エディタを起動./desktop/gnome/interface/gtk_key_theme というキーの値を

Emacs

に設定.

キーリピート

CapsLock を Ctrl にする

「システム」メニュー→「設定」→「キーボード」→「レイアウトのオプション」タブ→「Ctrl key position」→「Make CapsLock an additional Ctrl.」を選択.

#ref(): File not found: "keybord1.png" at page "Ubuntu Linux 6.06設定メモ"

フォント関連

フォントの追加

$ aptitude search xfonts

すると,利用可能なフォントのリストがいろいろ出てきます.使いそうなものを,

$ sudo aptitude install xfonts-shinonome

などとしてインストールします.

Emacs

を参考に設定..emacs には

uim

日本語入力にuimを使う場合

sudo apt-get install uim anthy uim-applet-gnome

などとして .gnomerc に

export XMODIFIERS=@im=uim
export GTK_IM_MODULE=uim

と書いてGNOMEを再起動.そしてパネルに uimアプレット を追加.

参考リンク

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > Linux >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.063 sec.