TeXテンプレート

TeXの文書を書くとき,いつも書く命令があります.パッケージを読み込んだり,余白を調節したり,マクロを定義したり.ここではいつも自分が使う命令を書いたテンプレートをリストアップしておきます.

はじめに

やっているのは主に上下余白の調整です(どうも標準だと余白が大きすぎると感じるので).

ここでは \documentclass{} に jsarticle や jsbook を指定しています.これは奥村さんの提唱するpLaTeX2eの新ドキュメントクラスです.デフォルトの jarticle などより優れた点が多いので僕はいつもこれを利用しています.入手方法などについては配布元である 奥村さんの解説ページ を参考にするのが一番でしょう.

以下,...と表記しているのはそこに本文などを書く,ということです. %からはじまる行はコメントです.また,ページ余白などを\setlengthで調整しているので,文字サイズを変更すると本文がページからはみ出たりします.その場合は\setlengthの行を調整するか削除するかコメントアウトしてください.調整する場合,基本的には

\setlength{\textheight}{40\baselineskip}

などの部分の数字(ここでは40)を変更するだけでいいと思います.また,ベクトル解析記号の div,grad,rot はよく使うのでマクロで定義しています.

短めのレポート(jsarticle使用)

ちょっとした文書(文字11pt,myheadings使用)

デフォルトで入っているmyheadingsスタイルを使い,柱の内容を設定します.柱は\markright{}に書いたものが出力されます.

\documentclass[11pt,a4paper]{jsarticle}
%
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{bm}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{ascmac}
%
\setlength{\textwidth}{\fullwidth}
\setlength{\textheight}{39\baselineskip}
\addtolength{\textheight}{\topskip}
\setlength{\voffset}{-0.5in}
\setlength{\headsep}{0.3in}
%
\newcommand{\divergence}{\mathrm{div}\,}  %ダイバージェンス
\newcommand{\grad}{\mathrm{grad}\,}  %グラディエント
\newcommand{\rot}{\mathrm{rot}\,}  %ローテーション
%
\pagestyle{myheadings}
\markright{\footnotesize \sf 物理のかぎしっぽ \ \texttt{ http://www12.plala.or.jp/ksp/}}
\begin{document}
%
%
\section*{◆タイトル◆}
...
...

%
%
\end{document}

出力は,たとえばつぎのようになります.

myheadings.png

標準的なレポート(文字11pt)

最初のページ先頭にタイトル,名前,日付を出力する標準的なものです.学校のレポートはこの形で提出しています.

\documentclass[11pt,a4paper]{jsarticle}
%
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{bm}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{ascmac}
%
\setlength{\textwidth}{\fullwidth}
\setlength{\textheight}{40\baselineskip}
\addtolength{\textheight}{\topskip}
\setlength{\voffset}{-0.2in}
\setlength{\topmargin}{0pt}
\setlength{\headheight}{0pt}
\setlength{\headsep}{0pt}
%
\newcommand{\divergence}{\mathrm{div}\,}  %ダイバージェンス
\newcommand{\grad}{\mathrm{grad}\,}  %グラディエント
\newcommand{\rot}{\mathrm{rot}\,}  %ローテーション
%
\title{...}
\author{...}
\date{\today}
\begin{document}
\maketitle
%
%
\section{...}
...
...

%
%
\end{document}

出力は,たとえばつぎのようになります.

jsarticle11pt.png

長い文書(jsbook使用)

卒論など用(文字11pt)

卒論などの長い文章のとき用です.長くなると1つのファイルにすべての文章を書くのは大変なので,ファイルを分割して\include{}で取り込みます.

\documentclass[a4paper,11pt,oneside,openany]{jsbook}
%
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{bm}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{subfigure}
\usepackage{verbatim}
\usepackage{wrapfig}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{makeidx}
%
\makeindex
%
\setlength{\textwidth}{\fullwidth}
\setlength{\textheight}{40\baselineskip}
\addtolength{\textheight}{\topskip}
\setlength{\voffset}{-0.55in}
%
\newcommand{\diff}{\mathrm{d}}  %微分記号
\newcommand{\divergence}{\mathrm{div}\,}  %ダイバージェンス
\newcommand{\grad}{\mathrm{grad}\,}  %グラディエント
\newcommand{\rot}{\mathrm{rot}\,}  %ローテーション
%
\title{...}
\author{...}
\date{\today}
\begin{document}
%
%
\maketitle
%
%
\frontmatter
%
\addcontentsline{toc}{chapter}{概要}
\include{abstract}
\tableofcontents
%
%
\mainmatter
%
\include{chap1}
\include{chap2}
\include{chap3}
\include{chap4}
%
%
\appendix
%
\include{appendixA}
\include{appendixB}
%
%
\chapter*{謝辞}
\addcontentsline{toc}{chapter}{謝辞}
...
...
%
%
\include{biblography}
%
%
\newpage
\printindex
%
%
\end{document}

\include{}に指定したファイルは,拡張子.texが補完されて読み込まれます.つまり上のように書いた場合は,同じディレクトリに abstract.tex,chap1.tex,chap2.tex, chap3.tex,chap4.tex,appendixA.tex,appendixB.tex,biblography.tex というファイルをつくっておき,そのファイルに内容を書き込みます.

ハンドブック用(文字10pt)

このサイトの物理ハンドブック,物理数学ハンドブックはこの設定でつくっています.

\documentclass[a4j,10pt,oneside,openany]{jsbook}
%
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{bm}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{makeidx}
%
\makeindex
%
\newcommand{\diff}{\mathrm{d}}  %微分記号
\newcommand{\divergence}{\mathrm{div}\,}  %ダイバージェンス
\newcommand{\grad}{\mathrm{grad}\,}  %グラディエント
\newcommand{\rot}{\mathrm{rot}\,}  %ローテーション
%
\setlength{\textwidth}{\fullwidth}
\setlength{\textheight}{44\baselineskip}
\addtolength{\textheight}{\topskip}
\setlength{\voffset}{-0.6in}
%
\title{{\Huge \textbf{物理学ハンドブック}}\\ {\small Ver. 0.17.0}}
\author{物理のかぎしっぽ\\ \texttt{http://www12.plala.or.jp/ksp/}}
\date{\today}
\begin{document}
%
%
\maketitle
\frontmatter
\tableofcontents
%
%
\mainmatter

\chapter{...}
\begin{abstract}
...
...
\end{abstract}

\section{...}
...
...

\begin{thebibliography}{20}
 \bibitem{...}...
 ...
\end{thebibliography}

\newpage
\printindex
%
%
\end{document}

出力は,たとえばつぎのようになります.

handbook.png
Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > TeX >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.023 sec.