KaleidaGraphからEPS

KaleidaGraph(カレイダグラフ)で描いたグラフをEPSに変換し,TeXに貼る方法です.汎用のポストスクリプトプリンタを使うので,他のWindowsアプリケーションでもだいたい同じ方法で対応できます.

ポストスクリプトプリンタの準備

AdobeのUniversal PostScript Windows Driverを

からダウンロードし,インストールします.

ポストスクリプトプリンタでファイルへ印刷

「ファイル」メニュー → 「グラフィックのプリント」でGenelic PostScript Printerを選び,「ファイルへ出力」にチェックを入れて,「印刷」します.

fig1.png

すると,ファイル名を入力するダイアログが出てきます.

fig2.png

このとき,ファイル名は c:\out.ps などとフルパスで入力しておいた方が便利です(どこへ出力されたか分からなくなることがあります).拡張子は ps としておきます.

BoundingBoxを調整

PostScript Printerから印刷されたままでは,A4サイズなどになっていて余分な余白があります.この余白を削るには,ps2epsi を利用するのが簡単です.Cygwinなどで次のようにします.

$ ps2epsi out.ps out.eps

上の例ではout.psをout.epsに変換しています.ここで入力ファイル名と出力ファイル名がまったく同じだとファイルが消えてしまうので注意しましょう.

上手く変換できたようなら,GSviewで開いて確認してみます.

fig4.png

少しWarningが出るかもしれませんが,大抵は大丈夫です.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > TeX >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.092 sec.