IllustratorでTeX数式

Illustratorで数式を使いたいとき,簡単な数式なら, IllustratorでTeXフォント の方法のように,フォントの設定のみで表現可能です.しかし,分数や積分記号など複雑な場合は難しいので, TeXで書いた数式をepsに変換してIllustratorに取り込めばきれいにできます.例として

fig1.png

のような画像をつくってみたいと思います.

TeXで数式を書く

最初にTeXで数式をつくっておきます.後でアウトライン化するために,大きいサイズで書きます.

\documentclass[30pt]{jsarticle}
\pagestyle{empty}
\begin{document}

\[
 i\hbar\frac{\partial\psi}{\partial t}
 = -\frac{\hbar^2}{2m}\frac{\partial^2\psi}{\partial x^2}+V(x,t)\psi
\]

\end{document}

フォントサイズ30ptの設定をするにはjsarticleクラスが必要です.このTeXソースを通常の方法でコンパイルしておきます.ちなみにこれは1次元のシュレーディンガー方程式です.

epsファイルをつくる

TeXで書いた数式をepsに変換するにはつぎのコマンドで行います.

dvips -Ppdf -E eq -o eq.eps

アウトライン化

さらに,epsをアウトライン化するにはつぎのコマンドを打ちます. Windowsでは

gswin32c -q -sDEVICE=epswrite -sOutputFile=eq_outline.eps -dNOPAUSE -dBATCH -dSAFER eq.eps

Linuxでは

eps2eps eq.eps eq_outline.eps

です.アウトライン化する際,文字が小さいとビットマップになってしまいます.今のように30ptでTeX文書をつくっておけば大丈夫です.アウトライン化した後,バウンディングボックスがおかしくなるので,気になる場合はアウトライン化する前のepsファイルの%%BoundingBox:の行と置き換えます.

バッチファイル

これらの処理をWindows上で一括して行うには,バッチファイルをつくるといいです.たとえば tex2eps_outline.bat という名前のテキストファイルをつくっておいて,それに以下を書き込みます.

dvips -Ppdf -E eq -o eq.eps
gswin32c -q -sDEVICE=epswrite -sOutputFile=eq_outline.eps -dNOPAUSE -dBATCH -dSAFER eq.eps

つくったバッチファイルはTeXソースと同じフォルダに置いておきます.

fig2.png

後はこのファイルをダブルクリックすれば, eq.epsとeq_outline.epsというファイルができあがります.

fig3.png

ここでつくったファイルを以下に置いておきます.

Illustratorに配置

「ファイル」メニュー→「新規」で新規書類をつくっておき,「ファイル」メニュー→「配置」からepsファイルを読み込みます.このとき「リンク」にチェックが入っていればリンク画像に,チェックを外せば埋め込み画像になります.

fig4.png

epsに変換しただけのファイルを読み込んだ場合,フォントデータの配置として読み込まれます.

fig5.png

アウトラインを取ったepsファイルの場合は,ベクタデータとして読み込まれます.

fig6.png

ここではベクタデータとして読み込んだものを使います.

画像の加工

ここからはIllustratorの機能を使った,簡単な画像加工の方法を紹介します.まず,先ほど読み込んだベクタデータは,レイヤー1内のグループとして取り込まれています.

fig7.png
fig8.png

レイヤー1をレイヤーパレット内の「新規レイヤーを作成」アイコンにドラッグして,レイヤーごとコピーします.

fig9.png

レイヤーパレットの目のアイコンをクリックして,コピーしたレイヤーを非表示にしておきます.

fig10.png

レイヤー1を選択して,「効果」メニュー→「ぼかし」→「ガウス」をデフォルトの設定で適用します.

fig11.png

適当に色を変えます.

fig12.png

色を濃くするため,このレイヤーをコピーして二重にします.

fig13.png
fig14.png

ぼかしたレイヤーを非表示にし,最初にコピーした,効果を加えていないレイヤーを表示させます.

fig15.png

選択ツールで選択して,塗りを白にします.

fig16.png
fig17.png

すべてのレイヤーを表示させれば

fig19.png

完成です.

fig1.png

これは一例でしたが,TeXの数式をベクタデータで処理することによって,工夫しだいでいろいろできそうです.グラフや説明図に数式を書きこむ際にも便利です.

参考

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > グラフィックス >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.208 sec.