日本語入力

日本人として,パソコンでも日本語を使うわけです.Linuxでの日本語の扱いは,Windowsの操作と異なる部分が多いので,とまどうことがよくあります.Linuxでの日本語入力に関する事柄を集めてみました.

日本語入力モードにするには

Mozilla や kterm などのソフトでは

Shift + Space

を押すと日本語入力モードになります.Emacsでは

Ctrl + \

を押します.設定によっては,キーボードの「半角/全角」ボタンでも切り替え可能な場合もあります.

Canna, Wnn の主なキー操作

意味キー
変換Space
文節を縮めるCtrl + i
文節を伸ばすCtrl + o
各種特殊文字Ctrl + p
アルファベット全角大文字Ctrl + u
アルファベット全角小文字Ctrl + l
キャンセルCtrl + g
変換対象を次の文節へCtrl + f
変換対象を前の文節へCtrl + b

変換の順番

日本語を入力しているとき,スペースキーを押すと漢字に変換されますが,Ctrl + n もしくは Ctrl + p を押すと,全ての文字がカタカナやアルファベットへサイクリックに変換されます.これは,Windowsで言うところのF7キーなどに相当します(Ctrl + n とは,Ctrlキーを押しながらnを押すことです).

Ctrl + n の変換順番

fig1.png キーを押していない状態(ひらがな)

↓ Ctrl + n

fig2.png 全角カタカナ

↓ Ctrl + n

fig3.png 半角カタカナ

↓ Ctrl + n

fig4.png 全角アルファベット

↓ Ctrl + n

fig5.png 半角アルファベット

↓ Ctrl + n

fig1.png ひらがな

Ctrl + p の変換順番

Ctrl + n の場合と全く逆です.「ひらがな」から Ctrl + p を押す毎に「半角アルファベット」 → 「全角アルファベット」 → 「半角カタカナ」 → 「カタカナ」 → 「ひらがな」と変化します.

全角スペースの入力方法

日本語入力時でも,普通にスペースキーを押しただけでは「半角スペース」が入力されてしまします.「全角スペース」を入力するには,日本語入力モードで「@@」と入力します.

郵便番号辞書

7桁の郵便番号(番号のみ)を入力してSpaceキーを押すと,住所に変換されます.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > Linux >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.101 sec.