パーミッションの操作

UNIX系OSの大切な概念に,パーミッション(アクセス権限)というものがあります.これはファイルの「所有者」,「グループ」,「その他」という三つの属性のユーザごとに,「読み込み」,「書き込み」,「実行」をそれぞれ別々に指定するというものです.このように細かな設定ができることが,セキュリティの強化に一役かっています.パーミッションを変更するためのコマンドが,chmod(change mode)です.

パーミッションの表記法

最初に,パーミッションの表記法を知っておく必要があります.

アルファベットでの表記

パーミッションはつぎのようにアルファベット1文字で表されます.

意味シンボル
読み込みr
書き込みw
実行x
権限なし-

ファイルリストを表示するコマンドlsに「-l」オプションを付けて

$ ls -l

とすると,つぎのようにパーミッション情報が最初の10文字に表示されます.

-rw-r--r--    1 foo      foo          8245 Sep  3 23:05 chmod.html
-rw-r--r--    1 foo      foo          6832 Sep  3 22:39 compress.html
-rw-r--r--    1 foo      foo          6276 Aug 10 00:25 file.html
lrwxrwxrwx    1 foo      foo            13 Sep  4 00:08 index.html -> ../index.html
-rw-r--r--    1 foo      foo          3436 Aug 10 00:25 nkf.html
drwxr-xr-x    2 foo      foo          4096 Sep  3 23:58 src/

ここで先頭の1文字はファイルの種類,続く9文字は3文字ごとに「所有者」,「グループ」,「その他」のユーザ別パーミッションを表しています.ファイルの種類とは「ファイル」,「ディレクトリ」,「シンボリックリンク」の3種類で,その表記は

意味シンボル
ファイル-
ディレクトリd
シンボリックリンクl

となっています.たとえば,上の出力の一行目のファイルchmod.htmlは

ファイルの種類所有者グループその他
-rw-r--r--
ファイル読み込み,書き込み可能読み込み可能読み込み可能

というパーミッションだと分かります.同様に一番下の行のsrcというやつは

ファイルの種類所有者グループその他
drwxr-xr-x
ディレクトリ読み込み,書き込み,実行可能読み込み,実行可能読み込み,実行可能

であると読み取ることができます.ディレクトリにおいて「実行可能」とは,「そのディレクトリに移動できる」を意味します.

数値での表記

パーミッションは数値で表すこともできます. CGIを設置したことがある人なら,「なになにのパーミッションは755にしてください」などの説明を読んだことがあるでしょう.この3桁の数字がパーミッションを表しています.

読み込み,書き込み,実行には以下の数値が割り当てられています.

意味シンボル数値
読み込みr4
書き込みw2
実行x1
権限なし-0

数値で表記する場合は,各ユーザごとにこれらの数値を足し合わせます.たとえば所有者の権限が rw- なら,4+2+0 で 6 となり,そして3桁の数字の3桁目が 6 と確定されます.2桁目はグループのパーミッション, 1桁目はその他のパーミッションです.したがって,

所有者グループその他
rw-r--r--
読み込み,書き込み可能読み込み可能読み込み可能

所有者グループその他
rw- = 4+2+0 = 6r-- = 4+0+0 = 4r-- = 4+0+0 = 4
読み込み,書き込み可能読み込み可能読み込み可能

すなわち 644 という数値表記になります.

パーミッションの変更

数値による操作

あるファイルのパーミッションを644に変更する場合,chmod コマンドは

$ chmod 644 ファイル名

のように使います.数値の部分でお好みのパーミッションを指定します.

$ chmod 644 ファイル名1 ファイル名2

のように複数のファイルを一度に指定することもできます.

シンボルによる操作

また,数値の代わりにシンボルを使うこともできます.ユーザのシンボルは

意味シンボル
所有者u
グループg
その他o

となっています.たとえば所有者(u)に実行権限(x)を付加する(+)場合は

$ chmod u+x ファイル名

などとし,所有者(u)に実行権限(x)を付加し,かつグループ(g)とその他(o)ユーザには全ての権限(rwx)を与えない(-)ようにするには

$ chmod u+x,go-rwx ファイル名

などとします.

再帰的に適用

chmodコマンドに「-R」オプションを付けると,あるディレクトリ(サブディレクトリ含む)にあるすべてのファイル,ディレクトリ,シンボリックリンクを対象に操作することができます.たとえば

$ chmod -R 700 ディレクトリ名

などのように使います.

Windowsとの連携例

Windowsにはパーミッションという概念がありません.ですから,Windowsのファイルシステムはパーミッションの情報を保持できません.いったんFATやNTFSなどのファイルシステムに Linuxでつくったファイルやディレクトリを保存してしまうと,再びLinux側に移してもパーミッション情報が失われ,すべて775になってしまいます.

すべてのファイルに実行権限が付くことになり,これでは困ります.パーミッションの再設定を行うわけですが,一つずつchmodコマンドを打っていたのでは大変です.カレントディレクトリ以下のすべてのファイルのパーミッションを644に変更するには,つぎのようにfindと組み合わせてchmodを使います.

$ find ./ -type f | xargs chmod 644

これは,まず「find ./ -type f」でカレントディレクトリ以下のファイル名をすべて探し,その結果をパイプで「xargs」に渡して検索結果の一覧を作成し,「chmod 644」に渡して変更を適用させています.「chmod -R」を使わずに「-type f」でファイルに限定しているのは,「chmod -R」ではディレクトリまで644にしてしまい,そのディレクトリに移動できなくなるからです.

また,ファイルが少ない場合や拡張子が限定されている場合は

$ chmod 644 *.png *.html

などのようにワイルドカードを利用するといいでしょう.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > Linux >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.086 sec.