物理のかぎしっぽ クロメル/ダイエット成功談

ダイエット成功談

どうも、クロメルです。最近、16kg程体重を落としたのですが、リアルの付き合いでどうやったか良く聞かれるので、誰かの役に立つといいなと思い、ここでHowToを共有しておきます。なんで、カフェインについて書いてあるかと言うと、パフォーマンスを落とす事なく痩せる方法を目指すからです。 2021.4.27

やせる前の生活

  • 朝食: トースト一枚。(バター、チーズ、チョコスプレッドなどで)。
  • 就業時間中の間食: 缶コーヒー1,2本。 (65〜130Kcal)
  • 昼食: コンビニおにぎり2個、フライドチキン一個、生野菜サラダ。(600〜700Kcal)
  • 帰宅後の間食: ポテトチップスや、スナック菓子、クッキーなどを600〜800Kcal程度。
  • 夕飯食: ご飯を二杯ほど食べるのが普通。少しのおかずで多くのお米を食べる。(高糖質)

効果があった生活

  • 朝食: 水、缶コーヒー一缶とお茶のボトル500cc一本。(65Kcal)
  • 午前中の間食: 缶コーヒー1,2本。クッキーなども食べる(計100〜150Kcal)。
  • 昼食: レトルトのおかずとお米200g。(300〜400Kcal)
  • 午後の間食: クルミ、チョコ、バナナ、おせんべい、缶コーヒー等(油物をさける)を200〜400Kcal程度。
  • 夕飯: ご飯はおかわりしない。多くのおかずで少しのお米を食べる。(高脂質、高たんぱく、低糖質)
  • 土日は晴れていれば、できるだけ早歩きで60分〜90分の散歩。
  • ここ一か月は、毎日の朝15分のジョギングに変更してます。

コメント

  • 基本的に軽い空腹を心地よく感じるのは大事ですが、食事制限に関しては決して無理せず、続けられる程度に飲み食いします。その際役立つのが缶コーヒーです。一本飲むと元気が2時間位は持ちます。一日3、4本(一本当たり65Kcal砂糖15gです)は飲むことが多いです。(ちなみに500ccコーラ一本は、200Kcal砂糖50gです。エナジードリンクも同程度だと思います。)砂糖は一定量以上(10g〜20g)を摂取すれば、直ぐに空腹感は消えます。多くとっても持続時間は変わりません。よって、少量を分割して取ると効果的です。
  • おやつの選び方のポイントとして、一サーブ50〜150Kcal程度の小分け包装のお菓子を買うといいです。ブランチュール、プリッツ、ソフトサラダ(せんべい)、柿の種、チョコレート、チョイス(クッキー)、ココナッツサブレなどをよく食べます。
  • 就業中については、むしろ摂取カロリーは増えていますね。強い空腹を感じると、その後多く食べてしまいますので。
  • インスタントのブラックコーヒー、ペットボトルのお茶は一日総計で1.5リットルくらいは飲んでしまっています。そして、水は最低でも2.5リットルは飲んでいます。前者はお勧めしませんが、水はたくさん飲むといいです。ちなみにお酒は飲みません。
  • 大体、一日の摂取カロリーは2000Kcal位だと思います。一か月に1〜1.5kgずつ減っていきました。元の生活に戻しておらず、現在このスタイル# 、プラス、もう少し食べる位の生活なので、リバウンドは1kg程度で収まって4ヵ月程安定しています。

カフェインの話

  • 脳が糖分を代謝する時、アデノシンと言う疲労を感じる物質を生成します。これで疲れるので、糖分を摂取すると短時間では目が覚めますが、長期的には眠くなります。これをブロックするのがカフェインであり、疲れを感じなくさせます。よって、エナジードリンクとか缶コーヒーは疲労に効きます。ただ、問題があって、アデノシンを感じる脳内のカギ穴(受容体)がカフェインの摂取で感じにくい状態が続くと、増えてしまい疲れやすい体質(脳構造)になります。僕は以前、お茶を一日3〜4リットル飲んでいた時はいつも動悸を感じていました。これは、カフェインの総摂取量を下げることで改善します。脳構造が戻るのに2週間位かかるのだそうです。なお、カフェインの摂取を急に止めると、頭痛など良くない症状が出ますので、一週間位かけて徐々に減らすと良いです。カフェインは強力な力があります。使うべき時に効果的に使いましょう!
  • 本当に今自分は何か食べたいのか。食べるとしたら何が食べたいのか。を考えると、無駄なカロリー摂取を防げます。

お伝えしたいことは大体以上です。 皆さまがよりよい生活を過ごせるよう祈ります! 今日はここまで、お疲れさまでした!

参考

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.142 sec.