物理のかぎしっぽ 表現と表記のルール

表現と表記のルール

かぎマニュアルズ > 記事制作方法 >

プロジェクトの記事を書く際の、表現、表記のルールです。

日本語

文体

文体は、「です、ます」で統一する方針です。理由は

  • 威圧感を与えず、親しみを持たせたい

に尽きます。なんらかの効果を狙って、一部表現を崩したりすることは問題ありません。

句読点

記事中の句読点「、」と「。」は、それぞれ「,」と「.」(いずれも全角)で現しています。 これらは、rst2hooktailにより自動的に変換されます(このPukiWikiでは自動変換されません)。

数式

数式表記に関する提案です。

数を表す記号

変数や定数など、数式に関わる記号はすべてイタリック体(斜体)で書いてください。数式モードにすると自動的にイタリック体になります。すこしめんどうですが、

ここで $x$ は水平方向の距離を表す。 $y$ は垂直方向。

などのように、本文中で出てくる記号も $〜$ で括ってください。

数ではない記号

数ではない記号はローマン体で記述してください。たとえば

<tex>
V_min
</tex>

などのように、変数 V の添字として min などを書く場合があります。この場合、min とは「最小」を表すための記号ですので、数ではありません。ですから上記の min という部分はローマン体で書きます。それには

<tex>
V_\rm{min}
</tex>

のように、 \rm{〜} と書きます。

単位

単位は必ずローマン体で表記してください。単位に括弧をつけるべきかどうかは 間違い報告/48 を参考にしてご判断ください。

なお、単位と数字の間に適度にスペースを入れ、ローマン体にする命令

\unit{}

が用意してありますので、単位を表すときはこの命令を用いると便利です。 たとえば

長さは $3\unit{m}$ です。

などと記述します(\unit{} 命令は \newcommand{\unit}[1]{\,\rm{#1}} で定義されています)。

ベクトル

ベクトルは、太字のイタリック体で現します。たとえば、

ベクトルは $\bm{A}$ のように書きます。

とすれば、A が太字のイタリック体になります。

イプシロン記号

TeXの命令でギリシア文字のイプシロン(ε)を書く際には、原則として

\epsilon

とはせずに

\varepsilon

を用いてください。こちらの方が、普段教科書や板書で見慣れている書体になります。

コメント

  • 単位の表記について書き改めました。 -- 崎間 2006-06-26 (月) 23:37:22

  • 単位の表記について書き改めました(暫定). -- 崎間 2006-01-06 (金) 17:22:05
  • 単位表記は \unit 命令をつかうことに決まりました。 -- 崎間 2006-01-18 (水) 02:44:54
 

かぎマニュアルズ > 記事制作方法 >

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.046 sec.