物理のかぎしっぽ 査読/素粒子脈動原理の仮説(hikari368著)/1

1980年に発表した統一場理論への仮説、素粒子脈動原理の解説。

メッセージ

筆者が命名し、1980年日本物理学会で発表した超大統一理論の仮説「素粒子脈動原理」を解説し、その仮説によって現代物理学や数学が直面している難問の解決に挑戦している。 仮説の要旨は、眞空空間に一様に分布し、互いに反発力を作用させている希薄なエネルギ(エネルギー大気と呼んだ)の存在を仮定し、そのエネルギー密度を眞空そのもの、エネルギーゼロ、質量ゼロと設定。エネルギー大気のエネルギー密度の変化が質量やエネルギーの増減、発生・消滅であると設定。エネルギー大気の波打が物質波であり、素粒子はエネルギー大気の波打(脈動)をプランク時間の超高速で繰り返しているとしたものが素粒子脈動の仮説である。  1980年に発表した18年後の1998年に、宇宙観測によって宇宙の構成の73%を占める暗黒エネルギーの存在が発見された。その正体は謎であり、既存の物理理論では説明不可能であるとされている。私は暗黒エネルギーの正体は前記の仮説でしめしたエネルギー大気と等価であると考えている。

返答


 
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.016 sec.