物理のかぎしっぽ 査読/線形性の概要(おこめ著)/1

日本語で気になった所2つ。

  • ページ: 査読/線形性の概要(おこめ著)?
  • 投稿者: tomo@ksp-project
  • カテゴリー: 誤植かも
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2004-12-19 (日) 20:53:47

メッセージ

「数式にして表すと C=c_2A+c_2B と表されます.」は、 「数式にして表すと C=c_2A+c_2B となります.」または、 「数式すると C=c_2A+c_2B と表されます.」などとした方が良いと思います。

「作用とは微分を実行させるものでも,積分でも積をとることなどのことですが,もっと一般的な概念です」は、 落ち着いて読んでみると、並列されるはずのものが並列されていない表現になっていますよ。

返答

  • 作用と演算が同じことを表すとすると、「作用とは微分,積分,積など演算のことで〜」というのは違和感があります。どう変更したらいいですかねぇ…。 -- tomo@ksp-project 2004-12-19 (日) 21:27:29
  • 少し言葉を変えました -- おこめ 2004-12-19 (日) 21:37:05
  • 了解です。ステータスを解決にしておきますね。 -- tomo@ksp-project 2004-12-19 (日) 21:53:24
  • tomoさんありがとうございました。 -- おこめ 2004-12-19 (日) 21:54:13

 
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.032 sec.