物理のかぎしっぽ 査読/古典文学における修辞法の用法および表現効果について(きり著)/1

古典文学における修辞法の用法および表現効果について

メッセージ

和歌は何より苦手です。私は文学部ですが現代文学、近代文学が専門であり、上代や古典はどういうわけかレポートも再提出が続きました。しかしながら読み進むうちに少しずつだけれど、和歌への親しみがわきました。わからなくても読む。興味が持てなくてもあきらめない。そんな姿勢で取りくみました。どうぞ宜しくお願い致します。

返答


 
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17 HTML convert time to 0.026 sec.