エラー処理 のバックアップ(No.1)


文字動作
x処理を強制中断する
e環境変数に指定されているエディタを起動する
hエラーに関わる一般的なヘルプを表示する
なしこのエラーは無視して処理を続行する
i strエラーが生じた命令を str と置き換える
s以後はエラーが起きても止まらない(Enterキーを連打するのと同じ動作)
qファイルが見つからないなどの致命的なエラーが出ない限りエラーメッセージを画面に表示せずに処理を続行する
r全てのエラーメッセージを画面に表示せずに処理を続行する
数字(100未満の)数字の分だけトークンを読み飛ばして処理を続行する(通常は各文字が1トークンにあたり,Tex の命令はどんなに長いものも1トークンと数えられる)
?入力可能な文字が表示される
Valid XHTML 1.1! home >
トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.020 sec.