Windows版Gnuplotの初期設定

グラフ表示に使われるGnuplotのWindows版,wgnuplotの入手と初期設定の紹介です.

入手とインストール

Gnuplotの最新バージョンは4.0です(2004年5月24日現在).以下のFTPサイトからWindows用の gp400win32.zip を入手します.

また,以下のサイトでは最新バージョンの日本語マニュアル,日本語化キットが公開されています.

ダウンロードしたら解凍し,出てきたgnuplotフォルダをたとえばC:\に移動します.日本語化しないのならこれでインストール完了です.実行ファイルwgnuplot.exeはさらにその下のbinフォルダにあります.

fig1.png

wgnuplot.exeをダブルクリックすればgnuplotが起動します.また,このbinフォルダのフルパスは後で環境変数を設定する際入力します.

初期設定

wgnuplotを起動すると,つぎのようにフォントが潰れて判別できない状態になっています.

fig2.png

文字が読めませんので,フォントを設定しなおします. wgnuplotの画面上で右クリックすると出てくるメニューの「Choose Font...」を選択します.

fig3.png

「MS ゴシック」などを選択すれば問題なく表示されるようになります.

fig4.png

このまま終了してしまうと,次回起動時にまた同じ設定をしなければなりません.それを避けるために,右クリックのメニューから「Update wgnuplot.ini」を選択して設定を保存しておきます.ちなみに,wgnuplotのウィンドウ内でのキーバインドは EmacsやLinuxコンソールと一緒です.

環境変数の設定

コマンドプロンプトやプログラム中からwgnuplotを直接呼び出すには,実行ファイルの場所を環境変数PATHに追加しておくのが簡単です(フルパスで指定するのなら,環境変数を設定する必要はありません).

Windows XPの場合は「マイコンピュータアイコンを右クリック」 → 「プロパティ」 → 「詳細設定」タブ → 「環境変数」をクリックし,(ユーザ,システムどちらでもよいので)環境変数PATHを選び,「編集」をクリックします.環境変数PATHがない場合は新規につくります.ここに,wgnuplot.exeがあるフォルダを追加します.今の場合は,

C:\gnuplot\bin

を追加することになります.

fig5.png

これでwgnuplotをどこからでも簡単に呼び出せるようになりました.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > グラフ・解析ツール >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.237 sec.