TeXを使うには

TeX(pLaTeX2e)を使いはじめた理由は,Linuxにワープロソフトが入ってなかったからでした. 最初の頃は,マウス操作で直感的に操作できるWindows用のワープロソフトとの違いに戸惑い 「なんだかやりにくいなあ」と思っていましたが, TeXに慣れるにつれ,手放せないソフトになってしまいました. 長い文書などは,ワープロソフトよりもだんぜんTeXのほうが楽です.

数式がきれいで,文書のレイアウトを最適にやってくれる. 数式番号,目次や索引を付けるのが楽,どんなOSでも同様に動く.そんなTeXですが,困らない程度に使えるようになるまでは少々労力が必要でした.リファレンス本を読みながらコツコツ覚えていくしかありません.

インストール

TeXのインストールは難しいといわれていますが, 幸いなことにだいたいのLinuxには (インストール時に撰択していれば)最初から環境が整っています.TeXを使うためにLinuxをインストールするのも1つの手かもしれません.また,Windows用には TeXインストーラ3 という,面倒なセットアップを一括して行ってくれるソフトも登場しました.

Vine Linux

Vine Linuxは日本語TeX環境が非常に整っています.TeX関係がインストールされていなければ

# apt-get install task-tetex

とすればたいてい整います.あとはTeX Wiki Vineを参考に必要なものをセットアップします.

SUSE Linux 10

YaSTでplatexを検索すると,jsarticleのパッケージが表示されます.それをインストールすると,必要なものがいっしょに入ると思います.

その他Unix系OS

にソースからのインストール方法がまとめられています.

Windows

Windowsへのインストールは

をもらってきて実行するのが一番手っ取り早いです.

Mac OS

に情報がまとめられているようです.

使用方法

手元に書籍を置いて, それを見ながら実際にソースを書いて覚えていくのが一番です. 使いこなすのは大変ですが,2,3日がんばれば 本を見ながら簡単なレポートくらいは書けるようになるでしょう. 一冊ではすべてカバーできないので, できれば数冊置いておきたいところです. 一冊買うとしたら奥村さんの

です.TeXの使いかたを解説しているサイトとしては以下のものが大変参考になります.

これらを見ればほとんど大丈夫なのですが, このサイトでも少し解説を書いています.探してもあまりいい情報を見つけられなかったことや,頻繁に使うことをまとめたつもりなので,よろしければご覧ください.

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > TeX >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.025 sec.