GTK+-2.0 のインストール

最近のLinuxアプリケーションにはGTK+2.0以上がつかわれているものが多いです.ところがVine Linux 2.6のGTK+のバージョンは1.2なので,最新のアプリケーションが使えない(コンパイルできない)場合があります.もうすぐリリースされるVine Linux 3.0では, GTK+のバージョンも上がるので大丈夫なようです.

ここではVine Linux 2.6でGTK+のバージョンを2.0に上げる方法を紹介します.

GTK+とは

GTK+はフォトレタッチソフトGIMPを作るため,その開発者が作ったGUIツールキットです. GTKはGIMP tool kitの略.GTK+を利用しているプログラムをコンパイルするときに必要です. GTK+はMozillaやGNOMEなどでも採用されているそうです.

Vine Linux 2.6でGTK+-2.0をソースから入れるには,以下の順番で行います.

pkgconfig-0.15.0 のインストール

ソースファイルの入手

http://www.freedesktop.org/software/pkgconfig/releases/pkgconfig-0.15.0.tar.gz

展開

$ tar zxvf pkgconfig-0.15.0.tar.gz

コンパイル・インストール

$ cd pkgconfig-0.15.0
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ su
# make install
# exit

glib-2.0.7 のインストール

ソースファイルの入手

ftp://ftp.gtk.org/pub/gtk/v2.0/glib-2.0.7.tar.gz

展開

$ tar zxvf glib-2.0.7.tar.gz

コンパイル・インストール

$ cd glib-2.0.7
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ su
# make install
# exit

atk-1.0.3 のインストール

ソースファイルの入手

ftp://ftp.gtk.org/pub/gtk/v2.0/atk-1.0.3.tar.gz

展開

$ tar zxvf atk-1.0.3.tar.gz

コンパイル・インストール

$ cd atk-1.0.3
$ ./configure --prefix=/usr --enable-shared --disable-static
$ make
$ su
# make install
# exit

pango-1.0.5.tar.gz のインストール

ソースファイルの入手

ftp://ftp.gtk.org/pub/gtk/v2.0/pango-1.0.5.tar.gz

展開

$ tar -zxvf pango-1.0.5.tar.gz

コンパイル・インストール

$ cd pango-1.0.5
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ su
# make install
# exit

gtk+-2.0.9 のインストール

ソースファイルの入手

ftp://ftp.gtk.org/pub/gtk/v2.0/gtk+-2.0.9.tar.gz

展開

$ tar -zxvf gtk+-2.0.9.tar.gz

コンパイル・インストール

$ cd gtk+-2.0.9
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ su
# make install
# exit

.gtkrc-2.0,XFTの設定

ここまでの手順が上手くいったらGTK+-2.0がインストールされているはずです.そして,GTK+のバージョン2.0以上が必要なアプリケーションもコンパイルできるようになります.たとえば,グラフィカルなftpクライアントの

の最新版(2004年6月30日現在では2.0.17)をコンパイル,インストールして利用することができますが,このままだと

fig1.png

のように文字のバランスが悪く,使いづらいです.

~/.gtkrc-2.0の設定

これを修正するには,

/.gtkrc-2.0

というGTK+-2.0の設定ファイル(~/はホームディレクトリの意味)を作成して,

style "mystyle" {
font_name = "Kochi Gothic 13"
}
class "*" style "mystyle"

を書き込みます.font_name = の部分でフォントを指定しています. gFTPを再起動すると

fig2.png

となって見やすくなります.

XFTの設定

さらに,XFTによるフォントのアンチエイリアスを有効にするには,

/.bashrc

export GDK_USE_XFT=1

と書いて環境変数GDK_USE_XFTを1に設定します. ~/.bashrcを編集したらログアウトして,Xを再起動します.すると

fig3.png

のようにフォントがなめらかに表示されるようになります(~/.gtkrc-2.0を設定しないままXFTを有効にすると文字化けしてしまいます).他のGTK+2.0以上を使用したアプリケーションも同様です. Vineに最初から入っているMozillaなど, 2.0より下のバージョンのGTKアプリケーションはこの影響を受けません.

関連リンク

Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > Linux >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.044 sec.