立方体を描く

物理の説明図を描こうとするとき,なにかと立方体の出番は多いものです. Illustratorの多角形ツールを利用して正確な立方体を描く方法を紹介します.

正六角形から立方体

まず,多角形ツールで正六角形を描きます.

fig1.png

正六角形を描くには,多角形ツールボタンを長押しして,出てくるメニューから六角形のボタンを選びます.

fig2.png

Shiftキーを押しながらドラッグすると正六角形が描けます.

fig3.png

選択ツールで正六角形を選択し,「オブジェクト」メニュー → 「変形」 → 「回転」で30度回転させます.

fig4.png

つくった正六角形を複製します. Altキーを押しながら選択ツールでドラッグすると簡単に複製できます.

fig5.png
fig6.png

複製した正六角形のアンカーポイントを,図のようにひとつおきにダイレクト選択ツールで選択します.

fig7.png

「オブジェクト」メニュー → 「パス」 → 「平均」を "2軸とも"の設定で適用させます.するとつぎのような形になります.

fig8.png

この図形をもとの正六角形に重ねます.「画面」メニュー → 「スマートガイド」にチェックを入れて, "アンカー"という表示をみながら重ねると正確に重なります.

fig9.png

2つの図形を重ねたら,ダイレクト選択ツールで全体を選択後,パスファインダパレットの「分割」を適用し,それぞれの面ごとにパスを分割します.面ごとに分割することで後の色付け作業ができるようになります.

fig10.png
fig11.png

ただし,このままでは輪郭線が不自然にとがってしまいます.

fig12.png

線種パレットの「角の形状」を"ラウンド接合"にして,輪郭が自然になるようにしておきます.

fig13.png

色つけで立体感を出す

立体的に見えるように,各面をそれぞれ着色します.ここでは暗い面を C 100%, M 50%, Y 0%, K 0%,中間の面を C 100%, M 37.5%, Y 0%, K 0%,明るい面を C 100%, M 25%, Y 0%, K 0% としています.

fig14.png

これで立方体ができました.さらに,立方体を選択して「オブジェクト」メニュー → 「グループ」でグループ化しておき,複製して並べていくと3D空間っぽくなります.

fig15.png
Valid XHTML 1.1! home > コンピュータ > グラフィックス >
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Modified by 物理のかぎプロジェクト PukiWiki 1.4.5_1 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jiPowered by PHP 5.2.17HTML convert time to 0.052 sec.